釜炊き鹸化法とコールドプロセス製法

残る2つは釜炊き鹸化法とコールドプロセスです。
釜炊き鹸化法は、釜の中に油脂を入れて加熱、撹拌したところに苛性ソーダを加えて混ぜると鹸化反応が起こり、石鹸が出来上がります。釜炊き鹸化法の場合はグリセリンなどの保湿成分が多少残るため、肌を保湿できるので洗顔や体を洗うのに使えます。

コールドプロセスとは、一般的な石鹸の製造工程の一つである「加熱」をほとんど使わない方法です。油脂と苛性ソーダと混ぜ合わせ加熱するとあっというまに石鹸が出来上がります。大量生産にはうってつけの製法です。これに対しコールドプロセスは、原料を混ぜ合わせた後、加熱せずに自然にゆっくり乾燥させて石鹸を作り上げます。出来上がりまでには1〜2か月はかかるので、大量生産は難しい製法です。
しかし、コールドプロセス製法で作られた石鹸は、グリセリンなどの保湿成分が失われることなくたっぷりと含まれていることが特徴です。そのため、体の洗浄や洗顔に使っても乾燥を防ぐことが出来ます。

このように一言に石鹸といっても、その製造過程により違いがあることをご理解いただけたでしょうか。石鹸は乾燥するといったイメージが強いですが、それは純石鹸でのことです。釜炊き鹸化法とコールドプロセスによって作られた石鹸は肌にとても良いのです。