洗顔料選びのポイント

乾燥肌対策にはコールドプロセス製法の石鹸がベストなのですが、どうしても石鹸は嫌。洗顔料が使いたいという人のために、洗顔料の選び方も紹介しておきます。

洗顔料には弱酸性を謳っているものがあります。人の肌は弱酸性のため同じ弱酸性で出来ている洗顔料は肌に優しい感じがします。しかし実際は、弱酸性洗顔料で洗っても、結局は中性の水できれいに流してしまうのであまり意味がないんです。弱酸性という表示はあまり気にしなくても大丈夫ということです。
また、洗顔料には「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」がある場合もあります。さっぱりタイプはその名の通り、皮脂をしっかりと落してさっぱりさせます。乾燥肌の人には向かないタイプですね。乾燥肌の人は「しっとりタイプ」を選ぶと思います。しかし中には、しっとり感を出すために必要以上の油分を含んでいるものがあります。そもそも洗顔とは顔の汚れと余分な皮脂を洗い流す行為です。そこにさらに余分な油分を与えてしまっては、本末転倒というものです。
肌の状態は個人一人一人微妙に違います。どの洗顔料がベストマッチするのかはいろいろ試したうえで判明することと思います。理想の洗顔料探しはなかなか困難ですが、自分にぴったりのものを探し出せたのなら肌は見違えるように生まれ変わります。美肌の基本は洗顔からですよ。